自分の好きなファッションスタイルを貫いている娘は独自の世界観を生み出しています。今後どう変化するか楽しみです。

子供がいてもエレガントファッション
子供がいてもエレガントファッション

独自の世界観を生み出すファッションスタイル

我が家には大学3年の娘がいますが、大学に入学して制服から開放された途端に独自のファッションスタイルを貫いている感があります。彼女の好みは世の中でいうところのゴスロリ系ですが、これに森ガールの要素を加えたり、ボーイッシュなアイテムも使ったりしてゴスロリとはやや毛色の違う世界観を生み出しています。洋服を買う店はもっぱら古着屋で、古着でも痛みが少なくデザインの良い服を安い価格で買っているようです。文字通り掘り出し物を見つけるセンスは私が見ても感心するほどです。

私が20代の頃はバブルの絶頂期でいわゆるデザイナースブランドの全盛期でした。しかし、決して裕福ではなかったOL時代の私はファッションセンスも乏しく、いつも何を着てよいか迷っている状態でした。せっかくの若い時代をそんなふうに迷ったまま過ごしてしまい、やがて結婚して自由に洋服を買うこともままならなくなってしまいました。今の娘を見ているとまさに若さと自分のセンスを謳歌しているようで大変羨ましく思います。自分の好きなファッションがあってそれを楽しめるということは非常に素晴らしいことです。やがて社会人になりやがて結婚するであろう娘がどう変化していくのか、あるいはほとんど変化しないのか、将来が楽しみです。

お勧め情報